TABLE OF CONTENTS
Sustainability
4
MIN READ
November 13, 2023
November 13, 2023

AutoStoreで実現する環境に優しい倉庫自動化

AutoStoreなら二酸化炭素排出量を削減し、省エネを実現し、スペースを最大限に活用できます。AutoStoreは環境に優しい倉庫自動化ソリューションです。

Favicon displaying the 6 red AutoStore dots.
AutoStore
TABLE OF CONTENTS

お客様の環境保護活動をサポート

倉庫の自動化に関しては、導入するソリューションが二酸化炭素排出量の削減というミッションに与える影響を理解することが重要です。

AutoStoreで環境を守る

サプライチェーンの中で、施設は排出量削減の大きな可能性を秘めています。世界中で、建物は「直接・間接の二酸化炭素排出量の合計」の40%以上を占めています。倉庫は人間の労働者向けに設計されており、通路、照明、環境設定、そして多くの空きスペースがあることを考えると、驚くべき数字ではありません。

企業は、LED照明から太陽光発電まで、あらゆる側面を検討しながら、環境に優しい、エネルギー効率の高い施設への転換やその建設に取り組んでいます。このように二酸化炭素排出量の削減を目指すときに最適なのが、AutoStoreのシステムです。ここでは、AutoStoreが二酸化炭素排出量の削減に貢献できる理由を4つご紹介します。

1.エネルギー効率の高いロボット

ロボットは、電気自動車のように、ビンを下ろしたり、減速したりするたびに、バッテリーに再生エネルギーとして電気が戻されます。1台のロボットの消費電力は1時間あたり約100ワットで、10台のロボットがチームを組んだ場合の消費電力は、冷蔵庫やヘアドライヤーなどの家電製品の消費電力と同じくらいです。

出典:Element Logic社

2.太陽の力を利用

持続可能性が優先される今、AutoStoreのシステムは、小さなエネルギーで注文処理に対するスピードの要求を満たすことができます。AutoStoreの世界各地の顧客の多くは、倉庫やAutoStoreシステムへの電力供給に太陽エネルギーを利用しています。冬に日照時間がほとんどないノルウェーの企業Berggaard Amundsen社は、ソーラーパネルから年間23万キロワット時を発電し、AutoStoreシステムの稼働を含め、4月から9月まで施設のエネルギーを自給自足しています。

3.電気代を節約

従来の倉庫設計は、棚の間の通路、冷暖房や照明など、人間を意識したものでした。AutoStoreシステムの場合、ロボットがすべての作業を行い、作業環境の設定が必要ないため、グリッドの照明を消したり、温度を下げたりできます。AutoStoreの顧客 は、最大で75%の電気代の削減を実現しています。

4.倉庫の面積を削減

1年間に新たに建設が行われる面積は約61億3,000万平方メートルで、CO2排出は年間約3億7,290万トン増加しています。二酸化炭素排出量の削減には、新しい倉庫スペースの必要性を減らすことも効果があります。高密度設計を活用することで、顧客は倉庫全体の面積を最大75%削減しながら、保管容量を増やすことができます。これによって、企業は敷地を拡大せずに済みます。

エネルギー効率の高い方針や技術を用いることは、コスト削減につながることが証明されています。また、「健康と福祉を向上させ、地域の大気汚染を減らし、雇用を創出する」こともできます。持続可能性に関して、AutoStoreは顧客にとって重要な役割を果たしてきました。低消費電力から可動部の少ないロボットに至るまで、AutoStoreはサプライチェーンのエネルギー効率化に取り組んでいます。

これらの機能やその他の詳細については、当社の専門家にお問い合わせください。

この記事のコピーはここでダウンロードできます

Want to learn more about this topic?

Talk to your local expert.
Let's talk
Let's talk

Want to learn more about this topic?

Talk to your local expert.
Let's talk
Let's talk
THE AUTHOR(S)

TAGS
Category
Category
Category
Category

Get your complimentary copy