Case Study

Elektroimportøren

倉庫の自動化がElektroimportøren社の成功を後押し

Country
Norway
Industry
Retail
Partner
Element Logic社
TABLE OF CONTENTS
TABLE OF CONTENTS

電気機器販売会社であるElektroimportøren社にとって、倉庫の自動化は当然の成り行きでした。それが功を奏し、同社の売上高は6年間で4倍になりました。

< 2
ROI
500
グリッドの占有面積
12
Robots
11
K
ビン

Elektroimportøren社のように企業の成長が著しい場合、その急拡大に伴い、取締役は単価を上げずに物流の根本的な決断をすることが求められます。Elektroimportøren社がこの課題に直面したとき、同社はElement Logic社が提供するAutoStore™と提携することを選択しました。

Elektroimportøren社は、家庭向けの電気製品を販売するノルウェーの成長企業です。同社の事業は、法人市場と個人顧客の両方を対象としています。同社の売上高は、2014年以降、2,200万ドルから昨年の1億1,200万ドルへと飛躍的に伸びています。

Elektroimportøren社のDirector of LogisticsであるAndre Swensen氏は次のように述べています。「この売上高の伸びが示すように、当社は市場セグメントのニーズに応える事業を展開しています。ただし、急成長に伴い、物流面の課題も生じているのです。」

さらにスペースが必要

2017年、同社はさらに大きなスペースを求めて、同年3月、より広い倉庫に移転しました。新しい倉庫は10月までに稼働を開始する必要がありました。

「売上の増加とともに単価が上がっていくのを防ぐために、工夫が必要でした。そこで、倉庫の自動化を検討することになったのです」とSwensen氏は付け加えます。

AutoStoreの自動化技術はリサーチしてみる価値があると、自社倉庫の従業員から提案がありました。この調査の結果を踏まえ、Elektroimportøren社はAutoStoreシステムの導入を決定しました。

現在、同社に導入されている倉庫自動化システムは、12台のロボットで500m²をカバーしています。合計10,750個のビンが13,750個のスポットをカバーし、これらのビンが4台のワークステーションに供給を行っています。Elektroimportøren社は、この比較的小規模なシステムに倉庫の全ラインの85%を保管しています。

Swensen氏は次のように述べています。「AutoStoreシステムを選定・導入したメリットは多岐にわたっています。効率が上がっただけでなく、消費電力も少なく済んでおり、費用対効果も優れています。収益の増加にも寄与していますし、スタッフにとってもメリットがあります。」

{{quote}}

スタッフにとってのメリット

このシステムのおかげで、体力のあるスタッフだけでなく、さまざまなスタッフが倉庫で快適に作業を行えるようになりました。Swensen氏によれば、このシステムによってスタッフの身体的負担が軽減され、職場の人間工学的な側面が改善されたとのことです。

1台のワークステーションに1人の作業員を配置することで、ソーシャルディスタンスの推奨事項に従うことも容易になりました。また、倉庫内にトラックが乗り入れる状況の騒音よりも、このシステムの動作音の方がはるかに小さいので、作業条件も改善されました。

AutoStoreシステムは安全性にも優れています。スタッフが運ばなければならない商品の量が格段に減り、ロボットが商品を搬入するワークステーションのビンには緊急停止装置が備わっています。これは接触するだけでシステムを停止させる仕組みで、スタッフが挟まれて負傷するような状況を防ぎます。

効率性の向上と収益の増大

AutoStoreシステムを検討したところ、導入を検討していた他のシステムと比較して消費電力は10分の1であることもわかりました。

Swensen氏は次のように述べています。「AutoStoreシステムで電力を必要とするのは、ロボットの充電ステーションと、ピッキングステーションだけです。他に消費電力の大きいパーツはありません。」

多くのロジスティクス専門家は、自動化そのものと、多数のセンサーや脆弱な部品の誤動作による故障を懸念します。

Swensen氏は次のように補足しています。「しかし、ロボットの1台が停止しても、このシステムは正常に機能します。実際、12台のロボットのうち5台が停止しても、システムの機能に問題はありません。スマートでコンパクトな保管システムと、その上部を走行するロボットによって、業務の中断は最小限に抑えられます。」

電子倉庫管理システムでは、ERP(Enterprise Resource Planning)を使用して、ワークステーションとAutoStoreとの通信や、ERPと倉庫内の他の場所との通信を行っています。

Swensen氏は、ERPと倉庫内の他の場所との通信が効率化された結果、収益が増加したときの変動が減少したことについても、言及しています。

設置費用についてはどうでしょうか。 「投資回収はせいぜい3年かかると予想していましたが、結局2年未満で回収できました。」

システムの機能

Swensen氏は次のように説明します。「簡単に言うと、オンラインストアでオーダーが入ると、ロボットがその商品を探し始めます。ワークステーションに人員が配置されると、ロボットは目的のビンを見つけて回収し、シャフトを経由して正しいピッキングステーションに送ります。」

従業員がオーダーの詳細を要求すると、オーダー内容が明記された送り状シールがすぐに印刷されます。従業員は必要な商品を箱に詰めて、そのまま集配車に乗せます。

グリッド内に16層のビンがあっても、ロボットは目的の商品を迅速に取り出します。

「AutoStoreは、予約された商品は自動的に上から2~4層に配置されます。ロボットは人間と違って決して作業を止めません。時間外でもオーダーが入れば、システムは従業員が姿を見せる時間までに、正しいビンを最上層の近くに配置します。」

整備時間がシステムの処理に影響を与えることもありません。このシステムには中2階のサービスエリアがあり、倉庫業務に支障をきたすことなく、ロボットのオーバーホールを行うことができます。

Swensen氏は次のように述べています。「当社の施設で大きな変更を行うことはありません。ビジネスでは、たとえ大きな初期費用がかかると予測されても、常に拡張の余地を念頭に置いておかなければなりません。AutoStoreは、当社にとって正しい選択でした。」

「AutoStoreは無駄な出費ではなく、有用な投資であるということを、当社はすぐに認識しました。」

André Swendsen
Director of Logistics

Want to learn more about this case?

Talk to an automation expert.

Let's talk

Want to learn more about this case?

Talk to an automation expert.

Let's talk

Let’s figure out how you can benefit from AutoStore

AutoStore can fit any warehouse or fulfillment center. Make yours the next.