TABLE OF CONTENTS
Business
7
MIN READ
November 20, 2023
November 20, 2023

一般的な倉庫の10のタイプのとその用途

様々な工具が特定の機能を持っているように、倉庫にもそれぞれの目的があります。どのタイプの倉庫がお客様のビジネスに適しているかを判断するために、代表的な10のタイプの倉庫の用途を紹介します。

TABLE OF CONTENTS

倉庫はサプライチェーンの縁の下の力持ちであり、メーカーから消費者への商品の移動を黙々と実行しています。しかし、すべての倉庫が同じように作られているわけではありません。倉庫には様々なタイプがあり、それぞれが特定のニーズや業界に対応するように設計されています。この記事では、主な倉庫のタイプとその違い、そして倉庫の選定に影響を与える要因について紹介します。

タスクに合わせる:具体的な内容の掘り下げ

倉庫はいくつかのタイプに分類することができ、それぞれが特定の要件を満たすように設計されています。ここでは、代表的な10のタイプを紹介します。

1.物流センター

物流センターは、商品流通の中心的な拠点です。輸送コストと配送時間を削減するため、戦略的に配置されています。ここで重視されるのは、効率的に商品を受け取り、分類し、出荷することです。幅広い市場への迅速な参入を目指す企業にとって極めて重要な倉庫です。

AutoStore物流センターの3Dレンダリング

2.フルフィルメントセンター

フルフィルメントセンターは、eコマースの中核です。フルフィルメントセンターは、顧客の注文をピッキングし、梱包し、出荷することに特化しています。スピードと正確さが最も重要であり、ペースの速いオンラインショッピングの需要に対応するため、高度なオートメーションやロボット工学が組み込まれていることが多い施設です。

AutoStore MFCの3Dレンダリング

3.冷蔵倉庫

冷蔵倉庫は、生鮮品を低温で保存するために設計されています。食品産業や製薬産業において重要な役割を担っており、商品が新鮮で安全に使えるように保ちます。温度と湿度の管理が不可欠な倉庫です。

4.バルク保管倉庫

バルク保管倉庫は、穀物、化学薬品、原材料などの単一商品を大量に保管するために最適化された倉庫です。多くの場合、生産施設の近くに位置し、バルク商品を管理するための費用対効果が高い倉庫です。

5.クロスドッキングとトランスローディングセンター

クロスドッキングとトランスローディングセンターは、商品の輸送手段を切り替える際の効率的な移動に重点を置いています。これらの倉庫は保管時間を最小限に抑え、サプライチェーンの合理化と在庫保有コストの削減を目指す企業にとって極めて重要です。両者の違いは次の通りです。

  • クロスドッキング施設は、貨物の中継地点として機能し、そこで入庫トラックから商品を迅速に降ろし、出庫トラックに積み込むため、保管時間が短縮されます。
  • トランスローディングセンターは、異なる輸送手段間の商品の移動を促進します。多くの場合、海上船舶、トラック、鉄道をつなぎます。

6.公共倉庫

公共倉庫は、様々な企業や個人に有料で保管や取り扱いサービスを提供する第三者の保管施設や物流センターです。一企業が独占的に所有・運営する民間倉庫とは異なり、公共倉庫は複数の顧客に共有の保管スペースとサービスを提供します。これらの施設は、多くの場合、多様な商品を扱うためのインフラと専門知識を備えており、在庫管理、受注処理、輸送などのサービスを提供することができます。公共倉庫は、一般的に、独自に倉庫スペースを所有し、管理するコミットメントなしで柔軟性と費用対効果の高いストレージソリューションを求める企業が利用します。

7.協同組合倉庫

協同組合倉庫は、施設のコストとリソースを共有する企業や個人のグループが共同で所有し、運営する保管施設です。複数の企業が協力し、各エンティティが独自のプライベート倉庫を運営するよりも費用対効果が高く、効率的な共有のストレージスペースを作成するためにリソースを共有する契約です。通常、個別に専用の保管施設を必要としない中小企業や団体が利用します。協同組合の組合員は、管理、メンテナンス、運営業務を分担することが多く、倉庫の管理と所有権をある程度維持しながら、コスト削減と保管・流通能力の向上というメリットが得られます。

8.民間倉庫

民間倉庫は、一企業が自社専用の倉庫として所有・運営する倉庫です。有料で複数のクライアントにストレージサービスを提供する公共倉庫とは異なり、民間倉庫は、単一の企業の保管と配送のために特化しています。操作、セキュリティ、在庫管理について高度な制御が可能で、所有する企業の特定の要件を満たすように設計され、管理される倉庫です。多くの場合、一貫性のある大規模なストレージが必要な大企業や組織が使用します。すべてカスタマイズできることと機密性がメリットです。

9.契約倉庫

契約倉庫は、公共倉庫と民間倉庫の両方の側面を組み合わせたハイブリッドなオプションです。企業はサードパーティロジスティクス(3PL)プロバイダーと契約しニーズに対応する専用の保管施設を運営し、管理することができます。契約倉庫は、クライアントにある程度の柔軟性があり、カスタマイズ可能で運用責任が軽減されるというメリットがあります。

ArvatoAutoStoreオランダのRitual Cosmetics社のシステムグリッド
Arvato社は、ガス、エアゾール、可燃性液体を安全に保管するための独自のバンカー設備でカスタマイズされたAutoStore Gridを使用して、ヨーロッパのeコマース小売業者Rituals Cosmetics社に3PLサービスを提供しています。

10.保税倉庫

保税倉庫は、関税や税金を支払う前に輸入品を保管するために政府によって認可され、規制されている専門の保管施設です。国際貿易や通関手続きを円滑に進めるために利用されることが多い倉庫です。

適切な倉庫タイプ:企業が適切な倉庫タイプを選択する方法

ビジネスに必要な倉庫のタイプを決定する上で重要なのは、戦略的立地の決定です。サプライヤー、顧客、交通インフラに近いことは、いずれも重要です。生鮮食品の流通業者は、農場の近くの冷蔵倉庫を選ぶかもしれません。eコマース大手は、主要都市部をカバーする戦略的立地のフルフィルメントセンターを選ぶかもしれません。

保管する商品の性質も重要な要素です。腐敗しやすい商品には冷蔵倉庫が必要で、少量で需要の高い商品はフルフィルメントセンターが最適です。十分な情報に基づいて判断するために、商品の量、寸法、回転率を理解することが不可欠です。

コストへの影響

倉庫のタイプによって、コスト構造は異なります。例えば、高度に自動化されたフルフィルメントセンターは、多額の先行投資が必要になるかもしれませんが、効率改善を通じて長期的なコスト削減につながる可能性があります。

環境と持続可能性への懸念

倉庫の設計において、環境の持続可能性への関心が高まっています。エネルギー効率の高い照明、断熱材、環境に配慮したマテリアルハンドリングなど、環境に優しい手法が選ばれています。

優れたストレージの実例

Amazonのフルフィルメントセンター

eコマースの巨人であるAmazonは、世界中にフルフィルメントセンターの広大なネットワークを持っています。これらのハイテク施設には、注文をピッキングして梱包するロボットが設置され、迅速かつ正確な顧客への配送を実現しています。

Lineage Logistics社の冷蔵倉庫

Lineage Logistics社は、食品業界にサービスを提供する最大級の低温倉庫会社です。様々な食品の鮮度と安全性を維持するため、最先端の冷蔵倉庫を運営しています。

Kesko社のMFC

フィンランドのe-grocer、Kesko社は、ヘルシンキでAutoStoreマイクロフルフィルメントセンター(MFC)を運営しています。このセンターは、AutoStoreの常温商品用と冷蔵商品用の2つの保管システムで構成されています。この革新的なシステムによって、1日の配送能力は2倍になり、当日配送にかかる時間は6時間以内に短縮され、店頭でのピッキングスタッフは80%削減されました。

Walmart社の物流センター

Walmart社の物流センターは、小売大手の広大なサプライチェーンをサポートするために戦略的に配置されています。各店舗に効率的に商品を配送し、様々な商品が豊富に陳列された状態を保っています。

Best Buy社の地域/地方倉庫ネットワーク

アメリカの家電量販店Best Buy社は、eコマースの爆発的な需要に対応するため、各地域の物流センターに5台、都市部のeコマースセンターに3台の計8台のAutoStoreシステムを導入しました。これらの新しいシステムにより、Best Buy社は5,000万人の消費者に翌日配達サービスを提供し、注文を時間通りに店舗に届けることができるようになりました。

AutoStoreポートから商品をピッキングするBest Buy社の従業員
Best Buyは、地域の物流センターとメトロのeコマース施設の2種類の倉庫でAutoStoreシステムを運営しています。

これからの進化:倉庫イノベーションの次の波を予測する

技術の進歩は倉庫の設計と運営に大きな影響を与えています。オートメーション、ロボット工学、AIは、効率を高めるために倉庫にますます取り入れられています。ドローンや自律走行車は、在庫管理やラストマイルデリバリーのようなタスクのためにテストされています。ここでは、大きな影響を与えるはずのその他のイノベーションをいくつか紹介します。

自動化冷蔵・冷凍倉庫

自動化された冷蔵・冷凍倉庫は、特に冷凍食品、医薬品、その他の生鮮品など、温度に敏感な商品の保管・管理において、いくつかのメリットがあります。自動化冷蔵・冷凍倉庫のメリットには、以下のようなものがあります。

フィンランドのKesko社 AutoStore Gridで食料品を選ぶ女性
Kesko社のAutoStore Gridを使った冷蔵倉庫は、配送能力を向上させ、当日配送の所要時間を6時間以内に短縮するのに役立っています。
  • 安全性の向上:寒冷地や凍結した環境での作業は肉体的に厳しく、従業員に健康上のリスクをもたらす可能性があります。自動化によって、このような極限状態で人間が作業する必要が減り、作業員の安全性が向上し、寒冷環境に関連する負傷が減少します。
  • エネルギー効率:自動化冷蔵・冷凍倉庫の多くは、エネルギー消費と運営コストを削減するため、最適化された冷蔵システムや照明システムなど、エネルギー効率の高い機能を備えています。環境にやさしいだけでなく、運営コスト抑制にもつながります。
  • 温度管理:自動化されたシステムは、一貫した正確な温度レベルを維持することができるので、温度変動による腐敗、商品の劣化、ロスのリスクを低減することができます。
  • 商品の品質向上:冷蔵・冷凍保管の自動化によって、商品の品質と鮮度を維持し、品質と安全基準を満たすことができます。
  • スペースの最適化:自動化システムは、高密度のラッキング、狭い通路、効率的な保管アルゴリズムを利用することにより、利用可能なスペースを最大限に活用し、保管能力を最大化することができます。スペースが限られている冷蔵・冷凍倉庫では特に効果があります。

ハイブリッド倉庫

物流センターとフルフィルメントセンターのハイブリッド倉庫の人気は、現代のサプライチェーンにおける柔軟性、効率性、対応力の必要性によるものです。消費者の要求が進化し続ける中で、企業はこの2つの機能を組み合わせることで競争上の優位性を確保し、運用コストを最適化しながらeコマース時代の需要に応えることができることがわかってきました。ハイブリッド化する理由は次の通りです。

  • eコマースの成長:消費者は、配送にかかる時間の短縮と効率的な注文処理を期待するようになっています。ハイブリッド倉庫は、物流とフルフィルメント機能を一カ所に統合することにより、迅速な注文処理と、当日または翌日の配送を促進する戦略的ものと位置づけられます。
  • より迅速な注文処理:消費者は、配送にかかる時間の短縮と効率的な注文処理を期待するようになっています。ハイブリッド倉庫は、物流とフルフィルメント機能を一カ所に統合することにより、迅速な注文処理と、当日または翌日の配送を促進する戦略的ものと位置づけられます。
  • 在庫管理:物流センターとフルフィルメントセンターを組み合わせることにより、より効率的な在庫管理が可能になります。小売企業は、ハイブリッド倉庫の在庫レベルを最適化することにより、全体的な在庫維持コストを削減し、需要予測を改善し、商品の過剰在庫や在庫不足のリスクを最小限に抑えることができます。
  • 地理的なリーチ:戦略的に配置されたハイブリッド倉庫のネットワークにより、企業は地理的範囲を拡大し、より広範な顧客ベースにリーチすることができます。これらの倉庫は、ローカル市場と地域市場の両方に対応し、輸送コストと配送時間を削減することができます。
  • 季節的な柔軟性:ハイブリッド型倉庫は、季節によって需要が変動するビジネスに適しています。繁忙期にはフルフィルメント業務を強化し、閑散期には配送と在庫管理に集中することができます。
  • クロスドッキングクロスドッキングとは、入荷から出荷まで、最小限の保管で商品を直接移動させるプロセスです。ハイブリッド倉庫は効率的にクロスドッキングを促進し、ハンドリングと保管のコストを削減し、サプライチェーンを通じた商品の流れを迅速化することができます。
  • コスト削減:物流センターとフルフィルメントセンターを別々に運営する代わりに、一か所のハイブリッド倉庫を運営することにより、コスト削減を実現できます。このアプローチでは、インフラ、労働力、テクノロジーの冗長性を最小限に抑えながら、運営効率を高めることができます。

環境への配慮

環境と持続可能性への関心も、この変化を促進しています。エネルギー効率の高い倉庫の設計、リサイクルプログラム、環境に優しい梱包が普及しつつあります。その一例が、ルイジアナ州ハモンドにある広さ65万平方メートルの新しい施設(Medline社)です。この施設はLEED認定を受けており、AutoStoreを含む最先端のエネルギー効率の高いシステムを備えています。

さらに、倉庫が気候変動や世界的な混乱という課題に直面するにつれて、耐久性と災害への備えを重視することが極めて重要になります。

結論

倉庫の世界は魅力的で、注文の正確さ、ロケーション、テクノロジー、そして持続可能性が絡み合い、サプライチェーンを効率的に動かしています。選ぶべき倉庫のタイプは、ビジネスの特定のニーズによって異なります。テクノロジーと環境への関心がこの重要な業界を形成し続け、さらにエキサイティングな発展を遂げるでしょう。

よくある質問

倉庫にはどのようなタイプがありますか?

倉庫の主なタイプは10種類あります。

  • 物流センター
  • フルフィルメント・センター
  • 冷蔵倉庫
  • バルク倉庫
  • クロスドッキングおよびトランスローディング・センター
  • 公共倉庫
  • 協同組合倉庫
  • 民間倉庫
  • 契約倉庫
  • 保税倉庫

倉庫管理の主要な4つのタイプは何ですか?

主要な4つのタイプは次の通りです。

  • 民間倉庫
  • 公共倉庫
  • 契約倉庫
  • 協同組合倉庫

最も一般的な倉庫のタイプは何ですか?

業種や場所によって異なりますが、現代のサプライチェーンでは、物流センターやフルフィルメントセンターが最も普及していることが多くなっています。これらのタイプの倉庫は、特にeコマースや小売流通の文脈では、効率的に商品を受け取り、保管し、出荷するために不可欠です。

Want to learn more about this topic?

Talk to your local expert.
Let's talk
Let's talk

Want to learn more about this topic?

Talk to your local expert.
Let's talk
Let's talk
THE AUTHOR(S)

TAGS
Category
Category
Category
Category

Get your complimentary copy

No items found.