Case Study

Antalis

Antalis社が実質的なスペースを拡大

Country
Switzerland
Industry
Retail
Partner
Swisslog社
TABLE OF CONTENTS
TABLE OF CONTENTS

2011年、Antalis社は現在あるスペースを有効に活用するため、また将来的な拡張にも対応できる倉庫にするために、自動化を必要としていました。そのすべてを解決してくれたのが、AutoStoreでした。

40
K m²
倉庫サイズ
10
Robots
18
K
ビン
4
CarouselPort

スイスのルプフィグを拠点とするAntalis社は、最先端の通信メディアと消耗品を扱うヨーロッパの大手販売会社です。Swisslog社によって提供されたAutoStoreシステムのおかげで、同社の効率性は飛躍的に高まりました。

同社が現在の業態になったのは、2000年に約40社の国際流通企業が合併した結果です。Antalis社は、紙、事務用品、販促用ギフト、包装材、衛生用品、ビジュアルコミュニケーション用製品などを販売しています。また、顧客向けにカスタマイズしたロジスティクスソリューションも提供しています。

ルプフィグにあるAntalis社の倉庫は40,000m²の建物で、この施設で膨大な数の製品が保管、加工、出荷されています。同社の成功に欠かせないのは、正確性、信頼性、そしてお客様の要求への対応力です。

Antalis社は、計画的な成長と市場の変化に対応するため、この倉庫から物流サービスを恒久的に拡大するため、AutoStoreの倉庫自動化システムの導入を決定しました。Swisslog社は、要件を満たすためにシステムを最適化し、ソフトウェアのサポートとプロジェクト管理の職務を提供しました。

Antalis社は、システム要件として、スペースの最適化、業務の中断がないこと、そして拡張に適した柔軟性の3つを挙げました。

Antalis社のSupply Chain DirectorであるJürg Frefel氏は次のように述べています。「当社が何よりも必要としていたのは、進行中の業務を妨げることなく、既存のスペースを最適に活用し、将来的な拡張にも柔軟に対応できるロジスティクステクノロジーでした」

2011年、同社は約8カ月の導入移行期間を経て、AutoStoreシステムを導入しました。実際の導入には3週間かかりましたが、その間もセンターはフル稼働していました。

{{quote}}

Antalis社におけるAutoStoreシステムの概要

13台の無人搬送車と10台のスタッカークレーンが、55,000個のユーロパレットと20,000個の棚板を備えた既存の立体倉庫から、AutoStoreシステムに直接商品を搬送します。

商品はビンに収納された状態でアルミ製のグリッド内に積み重ねられており、400m²のグリッド内に18,000個のビンがあります。各ビンの収納容量は75リットル、最大収納重量は30kgです。

10台のロボットは毎秒約3mの速度でグリッド上を滑走し、長いグリッパーを使って、リクエストされたビンを毎秒1.6mの速度で下から引き上げます。ロボットは無線LANを介して、他のロボットや制御システムと相互に通信します。

深いところに入っているビンの取り出しが必要な場合は、特定のオーダーに必要のない商品を収納しているビンを周囲の空きスペースに仮置きするよう、システムからロボットに指示します。ロボットが目的のビンを取り出したら、先ほど仮置きしたビンを別のロボットがグリッド内の元の位置に戻します。このシステムでは、1時間に230個のビンをオペレーターに渡すことができます。

4台のワークステーションで、従業員がお客様のオーダーを処理します。

AutoStoreのメリット 

Swisslog社のオーストリア・スイス担当Managing Director、Daniel Hauser氏は次のように述べています。「Antalis社は、省スペースでダイナミックかつ柔軟なソリューションを求めていました。オートストアのスケーラブルなストレージとピッキングシステムは、すべての条件を満たしています」。

AutoStoreシステムのメリットは、次のとおりです。

  • 効率性に優れた最先端テクノロジー
  • 省スペース設計
  • 柔軟性に優れたモジュール式システムで設置が簡単
  • 各社の要件に応じてカスタマイズ可能
  • ピッキングエラーの最小化
  • 商品ロスの低減
  • 拡張のしやすさ
  • ピッキング効率(AutoStoreによって倉庫のピッキング効率が5倍に向上)

このシステムは柔軟性に優れており、いつでもロボットを追加できます。さらに、メンテナンスのためにロボットをシステムから外す必要がある場合でも、別のロボットがその機能を引き継ぐことができるので、業務が中断することはありません。

このシステムは、Antalis社のお客様中心のアプローチもサポートしています。このシステムでは、お客様がシステムに直接アクセスし、オーダーピッキングを開始できます。この機能により、同社の何千ものお客様にとって即日または翌日の配送が現実のものになりました。

Frefel氏は次のように報告しています。「AutoStoreによってピッキングエラーが最小限に抑えられ、商品ロスが減り、入荷、梱包、凝縮、出荷準備といったワークフローの効率性が向上しました。そして同時に、倉庫内で稼働しているフォークリフトやその他のマテリアルハンドリング機器の数も減りました」

このシステムは将来的な拡張も可能であり、もう1つの大きなメリットとなっています。Frefel氏は次のように結論付けています。「当社はプロジェクトの立ち上げ時に過剰な投資をするのではなく、現時点で予測される要件のみを満たす小規模な部品保管倉庫を設計しました。AutoStoreのおかげもあり、新しいお客様を獲得していますが、システムを拡張することで、増え続けるロジスティクスの要件にも対応できています。」

「システムは予定通りに設置され、当社の要件をすべて満たしています。」

Jürg Frefel
Antalis社、Supply Chain Director

Peter Bimmermann
Managing Director, Germany

Want to learn more about this case?

Talk to an automation expert.

Let's talk

Want to learn more about this case?

Talk to an automation expert.

Let's talk

Let’s figure out how you can benefit from AutoStore

AutoStore can fit any warehouse or fulfillment center. Make yours the next.