TABLE OF CONTENTS
Automation
5
MIN READ
September 12, 2023
September 12, 2023

パレタイジングをマスターする9つのステップ:完全ガイド

パレタイジングとデパレタイジングについての理解を深め、倉庫を最適化しましょう。業務に最適な自動パレタイザーを選ぶのに役立つ知見を手に入れましょう。

TABLE OF CONTENTS

進化し続ける倉庫自動化の分野では、技術革新によって効率と精度が向上し続けています。この分野で重要な役割を担うパレタイジングは世界中の倉庫で採用され、改良を重ねられてきた不可欠なプロセスです。この総合ガイドでは、パレタイジングの複雑な世界を解き明かし、その意義、他の技術ソリューションとの統合の可能性、倉庫業務にもたらす全体的なメリットを探ります。

パレタイジングとは?

パレタイジングの核心は、出荷や保管の準備段階で商品を整理し、パレットに積み重ねる手法のことです。特に自動パレタイジング技術は、ロボットすなわち機械化システムを使ってこの作業を合理化したものであり、商品を効率的かつ安全に、運搬・保管しやすい方法で仕分けを行っています。

実際のパレタイジング

無数の商品でいっぱいの忙しない倉庫を想像してみてください。ある注文を受けて、大きさも重量も異なる複数の商品を取り出す必要があるとします。自動パレタイジングシステムは、スペースを最大限に使って重量を均等に配分しながら商品を安全に運び、スピーディーに配置します。このシステムでは重い商品は下のほうに、軽い商品や壊れやすい商品は潰れないように上のほうにと、すべてが正確かつすばやく配置されます。

感覚的には理解できたでしょうか。パレタイジングがもたらす数々のメリットについて、さらに深く掘り下げてみましょう。

自動パレタイジング技術の重層的なメリット

迅速さが求められる今日の倉庫管理や物流環境で、最も重要なのは効率性と安全性です。自動パレタイジング技術は、このような面の最適化において大きく進歩しており、スペースの最適化から安全手順の強化までさまざまなメリットをもたらします。

  • 保管と運搬の最適化
    自動パレタイジングソリューションは、アルゴリズムと空間分析に基づいて利用可能な空間を最大限に活用します。保管容量を最大化できるだけでなく、移動回数を減らしながら商品の運搬数を増やすことができ、コスト削減につながります。さらに、パレットが小売スペースのレイアウトにしっかりと適合する形でまとまるため、店舗での荷おろしと在庫管理を合理化でき、時間とリソースを節約できます。
  • 安全水準の向上
    自動化システムは、労働災害のリスクを大幅に軽減します。人力で持ち上げる必要がなくなるため、負担や事故のリスクが減るうえ、パレット上の配置は綿密に計算されているので、運搬中に商品が落下する危険性も低下します。
  • 生産性の向上
    倉庫管理において、時間は極めて重要な商品といえます。商品をパレット上にすばやくきっちりと積み込む自動パレタイジング技術により、注文処理にかかる時間を短縮でき、配送時間の短縮と顧客満足度の向上につながります。
  • 柔軟性と適応性
    最新のパレタイジングソリューションは、形状、大きさ、重量に関係なく、多種多様な商品を扱うことができます。調整しやすく幅広い商品に常にすばやく対応できます。
  • コスト効率
    自動パレタイジングシステムへの初期投資は多額になると思われがちですが、人件費の削減、商品破損の防止、出荷能力の向上など長期的なメリットを考慮すれば、投資に値するものです。
パレットを引く女性倉庫作業員

パレタイジングに精通するための9つのステップ

一見単純に思えるパレタイジングですが、芸術であり科学でもあると言えます。商品が倉庫を出たときと同じ状態で目的地に届くようにすることは、企業の評判と収益性の両方にとって非常に重要です。複雑なパレタイジング技術に精通すれば、運搬中の商品の完全性と効率に明らかな違いが生まれます。以下の手順は、プロセスを最適化し、すべての出荷をベストな状態で行うために役立ちます。

  1. 適切なパレットを選ぶ:土台となるパレットそのものが重要です。素材は木製、プラスチック製、金属製、など、どれでも構いませんが、商品サイズや素材に合った、丈夫で傷のないパレットを選びます。搬入先の小売スペースの要件を考慮し、互換性と扱いやすさを重視しましょう。
  2. 箱を満杯にする:中身に隙間のある箱は圧力に弱くなるので、すべての箱が容量いっぱいになっていることを確認します。必要に応じて充填材を使用し、形状と完全性を維持できる、頑丈で完全梱包の箱を確保します。
  3. 重量を均等に配分する:中身に隙間のある箱は圧力に弱くなるので、すべての箱が容量いっぱいになっていることを確認します。必要に応じて充填材を使用し、型崩れしないように、確実に梱包します。
  4. 箱を隙間なく積み重ねる:正確さが重要です。箱の間に隙間がないようにぴったりと積み重ねます。運搬中のずれを最小限に抑えることができます。
  5. 隙間を埋める:商品の間に隙間を作らないようにします。隙間があると不安定になるので、充填材や保護剤を使ってすべての隙間をすべて埋め、運搬中の商品のずれを防ぎます。
  6. 交差式に積み上げる:安定性を高めるために、箱をまっすぐな柱状に積み重ねるのは避け、1つ下の層から直角に回転させた位置に積み上げていく交差式、すなわち、れんが式の積み上げ方法を使用します。パレットの安定性が高まり、小売店での商品の出し入れや整理をしやすくなります。
  7. きつく包装する:パレットに積んだら、ストレッチフィルムで固定します。必ずきっちりと商品全体を覆い、パレット本体に商品を固定します。商品を一定の位置に固定できるだけでなく、汚れや破損から保護します。
  8. トップローディングとセンターローディング:商品がパレットの端からはみ出さないように収めます。積荷を中央に寄せることにより、最適なバランスを保ち、運搬中の安定性を確保し、小売スペースでの荷おろしや補充をしやすくなります。
  9. わかりやすいラベリング:各パレットにラベルを貼り、商品の詳細から重要な取り扱い方法まで、関連情報を記載します。作業員に対する指示となり、運搬中の慎重な取り扱いを徹底します。

データの一元化とコネクテッドシステムによって進化するパレタイジング技術

パレタイジングの手順を最適化するうえでデータが中核的な役割を果たし、パレタイジングは単純な積み重ね作業から進化を遂げました。コネクテッドシステムと総合的なデータの力を活用することにより、パレタイジングの能力を大幅に引き上げることができます。

  • 寸法と重量に関するデータの一元化:パレタイジングの分野では、商品の寸法と重量に関する正確なデータが重要です。こうした情報は、包装工程で事前に決まる場合もあれば、一般に「センサー」と呼ばれるカメラシステムを使ってリアルタイムで取得する場合もあります。
  • 倉庫管理システムとの接続:寸法と重量のデータを統合することで、パレタイジングシステムは倉庫管理システム(WES)とシームレスに接続でき、インテリジェントな意思決定を促進します。この相乗効果により、商品の配置を最適化し、パレットを正確かつ効率的に構成することができます。
  • システムからの指示に基づくパレタイジング:リアルタイムのデータの一元化やコネクテッドシステムによって、パレタイジングは指示に基づく体系的なプロセスへと変わります。このシステムは各商品の寸法と重量を考慮し、情報に基づいて商品をどこに置くかの決定を下すことができます。精度が向上するだけでなく、パレット上の最適な重量配分が保証され、運搬中の破損リスクを軽減できます。
  • 事前の調整:商品が在庫切れや入手不可能な場合、コネクテッドシステムによってパレットの配置をあらかじめ調整できます。これにより、在庫商品は最も効率がよく安定した形で積み重ねられ、重量配分に関する指針を遵守できます。

データの一元化とコネクテッドシステムを重視することにより、パレタイジングの新たな次元を切り開き、精度や効率、最適な商品処理を実現できます。

搬入システムの最適化によるパレタイジングの効率化

倉庫環境に統合されると、パレタイジングは孤立した作業ではなくなり、自動化の複雑なネットワークの中で重要な役割を果たすようになりました。しかし、その効率は、システムへの搬入方法次第で大きく変わってきます。

  • 多様な搬入のメカニズム:パレタイジングの成否は搬入システムがうまく行っているかどうかにかかっています。単純な商品運搬であれば基本的なコンベヤーで十分ですが、より洗練された動的なアプローチとしてはCelluveyorのように高度なシステムも考えられます。カートンの順序付けや運搬を容易にする、このゆうな革新的なソリューションは、パレタイジングの最適化と方向性が一致します。
  • コンベヤーシステムとの同期:自動パレタイジングシステムは、商品がコンベヤーシステムを通過する間にスムーズに商品を選択し、パレット上に配置するよう設計されています。この同期によって、商品を効率的に取り扱うだけでなく在庫レベルの正確性も維持できます。
  • ロボットを活用したシステムで動作を強化:単なる積み重ね作業にとどまらず、ロボットを活用したソリューションはパレタイジング技術のエコシステムの中で重要な役割を果たしています。商品を正確に配置したり、準備のできたパレットを指定の出荷場所や保管場所に効率的に運搬したりする助けとなります。
  • 在庫の正確性の維持:このような統合システムのスムーズな運用により、在庫レベルは常に更新・維持され、在庫データの正確性が保証されます。

搬入システムの最適化を中心に考え、基本的なソリューションと高度なソリューションの両方を導入することで、パレタイジングのプロセスを強化し、より大規模な倉庫管理や自動化の枠組みの中でも最高の効率性を発揮することができます。

表裏一体の関係にある「デパレタイジング」

パレタイジングは保管と運搬を合理化するうえで極めて重要ですが、倉庫自動化の分野においてはデパレタイジングの重要性もこれに匹敵します。商品が倉庫に到着したときや倉庫内での分配準備が整ったとき、デパレタイジング作業によって効率的な荷おろしや処理を確実に行うことができます。デパレタイジングの世界に踏み込んで、その細部や技術的進歩、そして現代の倉庫業務にもたらす幅広いメリットへの理解を深めましょう。

デパレタイジングを解き明かす

デパレタイジングとは、パレタイジングの逆のプロセスを指します。たとえばパレットから商品を体系的に取り出し、保管や次の処理、即時配送などに備えることなどです。一見簡単そうにも思えますが、特に自動化されている場合、パレタイジングは正確さと調整を要する細心の注意を要する作業です。

デパレタイジング作業の概略

荷物を積んだパレットが倉庫のドックに到着する様子を思い浮かべてください。多くの人手を動員する荷おろしではなく、自動デパレタイジングシステムならパレット上の商品の配置を瞬時に識別し、センサーとロボットアームの組み合わせによって各商品を計画的に取り出します。特に壊れやすい商品の取り扱いは慎重に、かつ効率よく行われます。

それは統率のとれたダンスのようにさえ見えます。この手法を導入するメリットを明らかにしていきましょう。

デパレタイジングの技術的なポイント

デパレタイジングの世界は先端技術の宝庫です。

  • ビジョンシステム:機械は商品を「見て」「認識」し、パレット上のさまざまな品目の取り扱いについて、情報に基づいて決定できるようになります。
  • 直感的なロボット技術: 最新のロボットアームは、物をつかむ、吸引する、あるいは磁力を使うなど、多彩なエンドエフェクタを備えており、臨機応変にデパレタイジング作業を行うことができます。
  • 倉庫管理システムとの統合:デパレタイジングシステムは倉庫管理システム(WES)とシームレスに統合でき、リアルタイムのデータ交換と効率的な在庫管理が可能です。

他の倉庫業務との連携

デパレタイジングは独立したプロセスですが、多くの場合、パレタイジングなど他の倉庫作業と調和しながら連携して運用されます。

  • コンベヤーとの連携:パレタイジングの場合と同様に、デパレタイジングされた商品は、仕分けや処理、保管などのため、すぐにコンベヤーシステムに移送されます。
  • 即時品質チェック:高度なセンサーにより、受入貨物の損傷や不一致をデパレタイジング作業中にその場で検出し、品質管理プロトコルを起動します。
  • データ収集:商品の荷おろしが完了すると、数量、状態、その他関連指標のデータが即座にシステムに取り込まれて更新され、在庫と注文管理に役立つ貴重な分析情報の元になります。

デパレタイジングは単なる荷おろし作業ではなく、運搬から倉庫での保管や処理まで、スムーズで効率的かつミスのない移行を確実に行うためのものです。パレタイジングとの関連性で考えれば、この対になるプロセスが現代の倉庫物流の中枢であることは明らかです。今日の目まぐるしいサプライチェーン環境の中にあって、自動化の重要性が浮き彫りとなっています。

業務に適した自動パレタイザーの選び方

動きの激しい倉庫管理の世界では、商品を安全かつ効率的にパレタイジングすることが極めて重要ですが、このプロセスは自動パレタイザーの導入によって合理化できるようになりました。ここでは、自社の業務に合った自動パレタイザーの選び方をご説明します。

パレタイザーのタイプ:

  • 頑丈で、重量貨物に対応できる従来式パレタイザー。
  • 正確性があり、さまざまなSKUや定期的な商品入れ替えに最適なロボット式パレタイザー。

製品仕様:自社商品のサイズ、重量、形状をスムーズに処理できる必要があります。

処理性能とスピード:商品を積み重ねるスピードの要件を満たしていることを確認しましょう。

柔軟性:さまざまな商品を扱う場合は、すばやい切り替えや、多様な積み上げ方に対応できる機能が必要です。

設置面積とスペース:機械のサイズを施設の利用可能な空間に合わせて考えます。

統合:パレタイザーは、コンベヤーベルトやWMSなど、現在のシステムと相性よく連携できる必要があります。

安全性:安全基準を遵守し、安全機能が組み込まれている機種を優先しましょう。

メンテナンスのしやすさ:耐久性とメンテナンスのしやすさは重要です。アフターサービスも考慮しましょう。

予算:初期投資だけでなく、メンテナンスと運用コストについても考えておきます。

ベンダーの評判:信頼性とサービスの良質さで知られるメーカーを選びましょう。

適切な自動パレタイザーは、単に効率を高めるだけでなく、商品の元の状態を保ったまま目的地まで届けるものだということを念頭に置きましょう。

結論

パレタイジングを効果的に行えば、倉庫業務を変革するほどの力を発揮でき、効率性や正確性、安全性をあらゆる場面で実現できます。自動パレタイジングソリューションを倉庫管理システムと統合し、小売スペースのニーズを考慮することで、倉庫から店舗へと商品をスムーズに移動させ、処理、保管、販売に最適な状態で届けることができます。

つまり、パレタイジングの最適化に成功すれば、倉庫の外にまでそのメリットが広がり、より合理的で効率的な小売体験につながるのです。パレタイジングによって、商品は倉庫から小売店の棚まで、すばやく安全に、かつ効率的に移動できます。サプライチェーンと物流が織りなす複雑な状況を乗り切るうえで、パレタイジングは常に変わらず最も堅実なパートナーだといえるでしょう。

よくある質問

パレタイジングの機能とは?

パレタイジングとは商品をパレットにまとめることにより、処理、保管、運搬をしやすくするものです。

貨物のパレタイジングとはどういう意味ですか?

運搬や保管に備え、貨物を安全な方法でパレットに並べて積み重ねることを意味しています。

パレタイジングの欠点は何ですか?

おもな欠点は、特に商品が最適な形で積み重ねられていない場合は、スペースを無駄に使ってしまうことです。正しくパレタイジングされていない場合は、商品が破損するリスクもあります。

商品のパレタイジング方法は?

商品をパレタイジングするには、まず適切なパレットを選び、その上に商品を計画的に整理して積み重ねます。重量配分を均等にし、隙間を埋め、安定性と保護性能を高めるために商品をしっかりと包装します。

Want to learn more about this topic?

Talk to your local expert.
Let's talk
Let's talk

Want to learn more about this topic?

Talk to your local expert.
Let's talk
Let's talk
THE AUTHOR(S)

TAGS
Category
Category
Category
Category

Get your complimentary copy

No items found.