TABLE OF CONTENTS
Automation
3
MIN READ
November 30, 2023
November 30, 2023

スペースの創出:倉庫スペースをもっと効率的に利用して成長を促進

フルフィルメントセンターのスペース確保が難しくなる中でも、倉庫自動化により保管密度を高めることによって事業規模を拡大し、温室効果ガスの排出量削減に成功した顧客の事例をご覧ください。

TABLE OF CONTENTS

世界同時不況の予測について、エコノミストたちの意見は分かれており、45%はその可能性が高いと考える一方、45%は可能性が低いと考えています。また可能性は非常に高いと考えている割合が3%、非常に低いと考えているのがちょうど同じ3%です[1]。つまり「わからない」というのが唯一の確実な答えといえます。

この先の状況がどうなるとしても、企業の最優先事項が成長であることに変わりはありません。ここでの課題は、倉庫面積1平方フィート(約0.093平方メートル)あたりのコストが最近5年間で25%上昇しているという事実です[2]。コストの増加は収益性の低下につながります。需要が予測できず、見通しも立てにくい状況の中、施設の拡張はリスクの増大を意味します。しかし、成長のために、必ずしも物理的な拡張を必要とするわけではありません。AutoStoreは既存スペースの効率化と、そこからの収益性向上を支援します。スペースを徹底的に有効活用することが極めて重要です。

面積あたりの収益性を高める

倉庫の面積を増やせばコストもかかります。倉庫業界の92%は、企業の収益を向上させるためにはスペースの有効利用が「とても重要」または「極めて重要」[3]であると考えています。当社は、顧客が倉庫のレイアウトや利用システムを見直し、移動距離を最小限に抑えながら保管容量を最大化できるようサポートします。

高密度のラッキングシステムで垂直スペースを有効活用するキューブ型保管自動化は、最高レベルの効率性を実現し、空間と不動産関連費用の大幅な節約につながります。AutoStoreが提供するのは、世界有数の高密度を誇るフルフィルメントシステムです。手作業による倉庫と同じ設置面積で保管密度は4倍になります。既存のインフラと統合でき、あらゆる倉庫レイアウトにも適合します。天井が低い、狭い正方形の土地、大きな柱があるなどの条件にも対応可能です。

AutoStoreは既存のインフラと統合でき、あらゆる倉庫レイアウトに適合します。

さらに、当社のワークステーション(ポート)は、スペースの有効活用に役立ちます。たとえば、FusionPortのステージングユニットはピッキングと、在庫やまだピッキングされてない注文の保管を組み合わせたもので、AutoStore内の1つのポートを使用しながら、ひとまとめになった注文のピッキング、バッチ処理、ステージングを行うことができます。ノルウェーの小売企業XXLが、 FusionPortを使って処理能力の新記録を樹立したという素晴らしい実績があります。現在、XXLでは80台のロボットが8,000平方メートルのグリッド内で稼働し、15万8,000個のビンを扱っています。弊社の顧客は面積拡大にともなうコスト増加とバランスをとるために、容積あたりの価値を高めています。

ノルウェーの小売企業XXL社は、当社のFusionPortワークステーションを使用して、処理能力の新記録を樹立しました。

既存のスペースで拡縮可能

現在は市場の予測がとても難しく、多くの企業が将来の成長を見据えた大規模な設備投資に慎重になるのも当然です。顧客の期待値は高く、ロイヤルティは低いのです。しかし、既存のスペースに新しい技術を導入すれば、面積を増やすことなく、需要の急増に対応できます。食料品配達を行うオンラインストアのKnuspr社は、当社のソリューションを利用して、設備投資を削減しながらピッキングの生産性を3倍に高めました

業務は長期的なSKUの増加にも、短期的な季節的需要の急増にも対応する必要があります。市場をリードする当社のキューブ型AS/RSは、100万種類以上のSKUに対応可能で、さまざまな企業のあらゆるニーズに適応できるシステムです。

温室効果ガス排出量の削減

このほかのAutoStoreのメリットとしては、エネルギー消費量の削減が75%に及ぶ点が挙げられます。温室効果ガス排出量の削減によって、持続可能性の目標を達成でき、より持続可能なパートナーを求めている他の企業に選ばれやすくなります。

空間を作り出した郵船ロジスティクス株式会社の場合

郵船ロジスティクス株式会社はAutoStoreと協力して自動保管・検索システムを導入した結果、高騰する事業コストを管理し、スピーディで効率的な配送を求める顧客主導の市場において、競争力を維持できるようになりました。

AutoStoreのシステムでは、22台のロボットと4万600個以上のビン、さらに11カ所のポートが稼働しています。その目覚ましい成果は以下のとおりです。

  • 倉庫容量が2,000立方メートルから3,500立方メートルに増加
  • オーダーフルフィルメントのリードタイムを短縮-当日配達の締め切り時間を午前11時から午後1時に変更
  • 入庫、仕分け、出庫の処理能力が18倍向上

この事例の全文はこちらをご覧ください。

同じ空間で大きな効果

不確実性の高い市場において求められる持続可能な成長は、1平方インチを最大限に活用することで達成できます。AutoStoreのソリューションの中心は効率性です。どんな倉庫やフルフィルメントセンターにも対応します。

スペースの最大化と最適化は、今後5年間におけるグローバルフルフィルメントの5大課題の1つに挙げられています。詳細については、レポート全文をご覧ください。今後5年間のグローバルフルフィルメントにおける5つの課題

[1] https://www.weforum.org/agenda/2023/05/global-economy-2023-chief-economists-report/

[2] https://stockarea.io/blogs/going-up-logistics-leaders-solve-warehouse-space-constraints/eGroceryprovider、Knuspr社は、当社のソリューションを使用して、CAPEX投資を削減しながらピッキング生産性を3倍に向上させました。

[3] https://www.autostoresystem.com/news/autostore-releases-new-research-report-five-challenges-in-2023

Want to learn more about this topic?

Talk to your local expert.
Let's talk
Let's talk

Want to learn more about this topic?

Talk to your local expert.
Let's talk
Let's talk
THE AUTHOR(S)

TAGS
Category
Category
Category
Category

Get your complimentary copy